Rider's Garage?メンテナンス、ライディング情報

ツナギ+αの防寒対策 -末端部分も暖める!-

ツナギ+αの防寒対策 -まずは体を暖める!- に引き続き、今度は体の末端部分の防寒対策について。
特に、『』、『』、『』(末端ではないですが・・・)の冷えは如何ともしがたいですよね。
誰もが頭を悩ませる部分だと思います。

でも、ちょっとした工夫で寒さを和らげることができるんです!
今回もそんなポイント3つを書き綴っていきます♪

1.手を温める

手・・・特に指先の冷えはほんとに堪えますよね。
クラッチを握ろうとしても感覚が・・・こうなればエンジン熱で暖めるしかない!というのは誰しも経験のあることではないでしょうか(笑)
特にレーシングプグローブは皮製で裏張りも暖かい素材ではないため、冷気の浸透も早いです。

でも、折角レーシンググローブつけているから操作性を損なわない対策をしたいものです。
そこで、わたしは インナーグローブを着用していました。
インナーグローう
薄手のタイプであれば、操作性を保ちつつ寒さも和らぎます。
サーキットを走るときははずして走ればいつもどおりの操作性も確保できます。
お値段もウィンターグローブを購入するより安いので、一度試してみるのも手ですね。

2.足をあたためる

足のつま先・・・ここもまたライダー泣かせのポイントですね。
手の指なら意識していればそれなりに動かしていますが、ブーツに収まった足の指は中々動かさず・・・
そして冷えいくのみ、のパターンが多いかと思います。

でも、ブーツの対策も結構難しいと思うんです。
今なら電熱線入りのソックスなんかも出てますが、操作性を考えると敬遠される方もいるかと思います。
快適性は間違いなく高いはず!です。

そこで、極力ブーツのフィット感を損なわないで指先を暖めるために、こんなものをつかってます。
トゥーウォーマーといって、つま先にはく靴下なイメージ。これだけでは足りないぜ!な方向けに、足首まで覆ったタイプのトゥーウォーマーもあります。
特に足首までタイプはウィンドストッパータイプなため効果は抜群だ!なはずです。
かくいうわたしは5本指タイプのつま先だけのウォーマーをつかってます。(ウォーマーはいて、ソックスを重ね着です)
トゥーウォーマー
※足首まで覆うタイプ。こいつは暖かい!

3.首を暖める

ツナギを着ているとどうしても露出してしまうのが首ですね。
ハイネックのコンプレッションウェアを着ていても、走行風にさらされればどうしても冷えます

首の冷え対策としてよくあるのがネックウォーマーですよね。
あまりにもベタな選択ですが、これがやっぱり効くんです!
これまで幾多の冬に話題にあがるアイテムだけありますね。

※この一枚だけで寒さが結構違うんです!

首を暖めるとかなり楽になるのでオススメです。
お値段もリーズナブルで、コスパもいいですしね♪

これから冬本番になりますが、ちょっとした対策で寒さは和らぎます。
体に無理のないように、冬を楽しんで乗り切りましょう!

ツナギ+αの防寒対策 -まずは体を暖める!-

冬でも自走でサーキット!の悩みの種、防寒対策・・・。
ツナギで重ね着は動きが制限されて危ないですよね。

そこで、わたしがとっていた対策3つを紹介します。

1.スポーツ用インナー(コンプレッションインナー)を着る

スポーツ用の、温度調整をしてくれるインナーがあります。
ここ数年で普及しだしたもので、わたしもはやりにのってみました(汗)
 
このタイプは、暖かいというより体温を適温に保つと表現されています。
少量の発汗であれば暖かく。さらに発汗すると冷やす
発汗素材であれば、汗をかいても体が冷えにくいですね、

ただの温感インナーだと、汗をかいたときに冷えてしまうんですよね・・・
実際、冬のサーキット走行後も結構快適ですよ♪

さらに、コンプレッションタイプのものだと、動き回るスポーツライディングにもオススメ
広告されている程はっきりとは感じませんが、確かに楽になります。
タイツをはいてランニングしてみるとふくらはぎがプルンプルンしなくなるので、楽に動けるように感じます。(その前にやせればいいのかもしれませんが・・・)

ちなみに、わたしが使っているのはFIXFITです。写真を撮ろうと思ったのですが全身タイツの自分撮り写真はさすがにネットに晒せません・・・すみません。
FIXFITはタイツに尻パッド入りタイプのもありますよ♪

気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。ちなみに↓の物になります。

★スポーツが変わる!筋肉疲労を軽減するスポーツウェアFIXFITキネシオロジー。【Mサイズ 品番:ACW-X03 ロング※ハイネック】話題のサポートインナー スポーツタイツ コンプレッションインナー 加圧インナー

a

★全日本ロードレーサーが使用!筋肉疲労を軽減する加圧スポーツウェアFIXFITキネシオロジー。【Mサイズ 品番:ACW-X05 ロング:メンズ レディース】対応レーシングスーツメーカー名:アルパインスター クシタニ ダイネーゼ RSタイチ アレンネス HYODO

2.ウィンドストッパーインナーを着る

ツナギ用にウィンドストッパーインナーが販売されています。
薄手の割に、結構しっかりと風を防いでくれます。風が防げると冷え方が全然違います



※RSタイチのウィンドストッパーインナー

3.この二つを重ね着!

コンプレッションインナーの上にウィンドストッパーインナーを装着すればできあがり。
コンプレッションインナーで保温しつつ、ウィンドストッパーで風を防ぎます
これだけでぐっと暖かくなるとおもいますよ♪
重ね着をしてもツナギ着用に差し支えないかと思います。

あとは、気温次第でツナギの上に一枚羽織るだけで寒さがやわらぎますよ!

オススメ!使いやすいラチェット!

前々から気になっていた、スナップオンのラチェットを入手しました。

※スナップオンのTHNF72 ラウンドヘッドラチェット

最近は100枚ギアなんかも登場してますが、72ギアの物を選択。
バイクの整備をするなら、72でも十分使いやすいですね♪

このラチェットの魅力はなんといっても・・・
ヘッド部分がスイングすることです!
そのため、アクセスしにくい部分での作業に力を発揮します。


※こんな角度や・・・


※こんな角度でも!

また、グリップがラバーになっているため滑りにくい&手にフィットします。
手にオイルがついてるときなんかはラバーだと滑りが気になりにくいですよ!

※ラバーグリップでおててにフィット!

また、クイックスピンなを装着すれば片手での早回しも楽々できます。

※クイックスピンナ装着!鬼の早回し発動!!

とにかく、色んな使い方ができるので一本持っておくとすんごい便利です。
メーカーもスナップオンということで、安心して使えますよ。
オススメの一品です。

ちなみに、スナップオンの工具はこちらで購入できます↓↓


冬でもバイクに楽しむために

冬でもバイクを楽しみたい!って方もいるかと思いますが、冬場に乗るのってなんとなく身構えちゃいますよね。
冬でも乗る方は、やっぱり怖い思いもしてるんじゃないでしょうか。
そんな厳冬期に入る前に、冬場でもバイクを楽しむポイントをつづります♪

1.タイヤに注意!
バイクのタイヤって温まる→柔らかくなるの流れでグリップするんですね。
寒い時期は夏場と違って、タイヤが中々温まりません。
冬場ですと、信号待ちしているだけで結構熱が逃げちゃいます。
なので、安全なスピードでバイクをバンクさせすぎずに走りましょう!
無理しなければ楽しく乗れますよ♪


※これはダメな例です・・・

2.体の冷えに注意!
自分では気づかないうちに体が冷えていた・・・なんてことがままあります。
特に寒いとノンストップで走りたくなるものです。
でも、走行風に当たり続け、体も固まってくるとさらに疲労します。
適度に休憩を取り、ストレッチで体をほぐしてあげましょう!
体を温めるには、暖かい甘酒が結構オススメ。冬場はかならず持っていくようにしてます。

3.寒い時期ならでは・・・なことを楽しむ!
バイクに乗っていると、季節の変わり目をはっきりと感じますよね。
特に寒い冬は色々思い入れがあるかと思います。
なので、むしろ寒い時期ならではの風景や苦労を楽しんじゃおう!というわけです(笑)
大変な思いをしますが・・・冬の朝日を見るのって結構感動しますよ♪

そんなこんなで、今年の冬も楽しく乗り切りましょう!


緑のあいつがやってきた。

昨日、新車が納車となりました。
何年振りだろうか・・・コツコツ貯金してきたかいがありました!

そんわなけで、やってきたのはKX250F ’13モデル。
やっとこさ念願のFI車になりました。


※初めてのライムグリーン・・・。

それにしても、新車の状態だとビニールがついているんですね(笑)
携帯のディスプレイみたいな感じ。このまま走ったら面白いかな・・・?

新車はリンク周りのグリスがないという話だったので、グリスアップ。
初めて新車をばらしたのですが・・・確かに、KXはグリスほとんどないですね。

スイングアームまではずしてグリスつけたのでバッチリなはず!?
これで走るのが楽しみです!

プロフィール

管理人:alter
バイク:NSR50,CBR250R,KX250F

自分なりのバイクの楽しみ方をつづるブログです。
コメント&トラックバックお気軽に♪
相互リンクも随時募集中です!


ピックアップ!サイト

▲Pagetop